印刷工場における臭気対策


苦情は発生していないが、コンプライアンスの観点から臭気を対策したい!

  • コンプライアンスの観点から臭気を対策したい!
  • 相談内容
    臭気指数第2号規制基準を満たさない排気口があり、苦情は発生していないが、コンプライアンスの観点から対策したい。

    規模
    有機溶剤臭 / 排気風量:約25,000m³N/h
    問題点
    各印刷機からの排ガスが、大きな集合排気口※図1から排気されるため、規制基準値が厳しくなっている。排出口(煙突)自体により拡散効果が阻害される、ダウンウォッシュの可能性が考えられる。


臭気対策ならこの人におまかせサンキョウ-エンビックスの
臭気対策

臭気対策の提案
  • 臭気対策の提案
  • 吹き出し上
    ・集合排気口を改修し、排出口高さや排出口径を変更することで拡散効果を向上させ、対象ガスに対し規制基準値を見直す。
    ・集合チャンバーの排出口高さを15m以上にすることにより、大気への拡散効果を高める。
    吹き出し下

臭気対策実施の結果
大掛かりな脱臭装置の導入をせずに悪臭対策ができました。

  • 「集合チャンバーを改修し、排出口高さと排出口径を変更する」案が採用され、施工されました。(図2)
    その結果、規制基準値が見直され、臭気指数第2号規制基準を満足することができました。

    大掛かりな脱臭装置の導入ではなく、排出口の調整と清浄空気による希釈で、悪臭対策ができた事例です。
  • 騒音対策実施の結果騒音対策実施の結果

悪臭・臭気測定 詳細はコチラ