MFCAで出てくる『正の製品』、『負の製品』とは何ですか?


MFCAでは、製品を2つに、つまりお客様(後工程も含む)に届ける『正の製品』と、製造過程で発生する廃棄物等の『負の製品』を作っていると考えます。『負の製品』はロスなのでここに改善の可能性が見出されてきます。