作業環境測定

作業環境測定 こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?

  • 近隣から苦情が出た
  • 役所から通達があった。何をすればいいの?
  • どこの水を調べるの?
  • 何の項目を調べたらいいの?
  • どこに頼めばいいかわからない

作業環境測定作業環境測定とは

  • 作業環境測定
  • 吹き出し上
    屋内の労働者の安全と健康を守り、快適な職場環境の維持するため、定期的または環境が変わる際に測定を行います。
    吹き出し下
    作業環境の実態を絶えず正確に把握しておくことは、職場における作業環境管理の第一歩として欠かせません。
    事業者は、有害な業務を行う屋内作業場では作業環境測定を行う義務が課せられています。作業環境中の有害な因子の存在を把握し、その作業環境で働く労働者の健康と安全を守る責任があります。
    当社では、専門の作業環境測定士が作業環境測定を行い、お客様の快適な職場環境の維持・改善へのお手伝いをいたします。

測定内容

労働安全衛生法によって、各作業場毎に測定項目、測定頻度、記録保存について定められています。

作業環境測定
※注意 表中の○印は指定作業場を示しており、作業環境測定士または作業環境測定機関によって測定しなくてはならない。


作業環境 自主検査・測定

作業環境の実態を絶えず正確に把握しておくことは、職場における作業環境管理の第一歩として欠かせません。
事業者は、有害な業務を行う屋内作業場では作業環境測定を行う義務が課せられています。作業環境中の有害な因子の存在を把握し、その作業環境で働く労働者の健康と安全を守る責任があります。
当社では、専門の作業環境測定士が作業環境測定を行い、お客様の快適な職場環境の維持・改善へのお手伝いをいたします。

局所排気装置等の定期自主検査


  • 設置が義務付けされている局所排気装置等は、1年以内に1回の頻度で、自主検査を行うことが定められています。
    検査方法は厚生労働省から局所排気装置等の定期自主検査指針が示され、検査記録は3年間の保存とされています。

    検査には専用の測定器が必要となります。当社は検査の代行を行っていますので、ご相談ください。
  • 作業環境測定

個人暴露濃度測定


  • 作業者の呼吸域付近の有害物の濃度を測定する方法

    作業者の呼吸域付近に測定器を装着し、作業時間中(1日8時間)に、ばく露する有害物の濃度を測定し、その濃度の大きさによりリスクを判定します。
    作業環境測定の対象物質だけでなく、健康障害の発生の恐れのある化学物質は多数存在します。取り扱う化学物質のリスクアセスメント、作業環境管理のツールとして活用できますのでご相談ください。
  • 作業環境測定


サンキョウ-エンビックスの
作業環境測定

作業環境測定の流れ 作業環境測定の流れ
当社では「労働衛生コンサルタント」と「作業環境測定士」を取得しているスタッフがいるため、幅広い職場改善コンサルティングから作業環境測定まで、一貫して専門スタッフが行います。
お客様の快適な職場環境の維持・改善へのお手伝いをいたします。

労働衛生コンサルタント 1名在籍
労働安全衛生法に基づく国家試験で、職場環境の向上を図るため、事業場の衛生についての診断及び指導を行う者。

作業環境測定士 6名在籍
労働者が働く作業環境中に、様々な化学物質、粉じん等の有害物質や、騒音、振動、放射線、有害光線、高湿度等の物理的要因がどれだけあるかを測定し、評価する仕事が作業環境測定です。国家資格である作業環境測定士は、鉛や放射性物質、有機溶剤や鉱物の粉塵などが発生したり、それらを取り扱ったりする指定作業場の環境測定の業務を行います。