大規模小売店舗立地法

大規模小売店舗立地法大規模小売店舗立地法とは

  • 大規模小売店舗立地法
  • 吹き出し上
    「大規模小売店舗立地法」とは、大規模小売店舗(店舗面積1,000㎡超)を設置するにあたって、店舗設置者が店舗の周辺の生活環境の保持のため、施設の配置及び運営方法について適切な配慮を行なうことを趣旨とし、届出が定められているものです。
    吹き出し下
    旧大店法は中小小売業を守るための法律でしたが、平成12年6月1日より施行された現行の大店立地法は店舗計画地周辺の生活環境(騒音や交通状況)に大きな影響が出ないよう規制する法律です。

対象者 法律上の主体は、店舗面積1000㎡を超える大規模小売店舗の設置者(建物所有者)。
手続き上は、建物所有者から委託された管理会社、設計会社、開発会社、建設会社、不動産会社などの関係者との調整が必要。
審査項目 駐車需要、歩行者の利便、廃棄物減量化、リサイクル、騒音、廃棄物、街並みづくり(指針に示す事項)

調査・解析内容

店舗面積1,000㎡を超える大規模小売店舗の設置者は、設置者が配慮すべき事項に関する指針に沿って以下の対応を図らなければなりません。

交通関係

  • ①交通量の調査・分析
    現状の交通量を調査
    矢印 交通の流れを解析、対策を提案
    歩行者の交通の利便の確保 等

    ②駐車場の必要台数の確保
    平均的な休祭日に必要な駐車台数の確保 等

    ③駐車場の位置や構造等
    店舗の規模・業種により、入出庫しやすい出入口の位置や数の確保 等
  • 大規模小売店舗立地法

騒音関係

  • ①騒音の予測・評価
    自動車や設備の設置予定図面より店舗から発生する騒音全体について予測・評価を行う

    ②騒音問題への対応策
    騒音に配慮した施設の配置・運営の提案
    営業活動に伴って発生する騒音を抑制する対策提案 等
  • 大規模小売店舗立地法

廃棄物

  • 店舗の規模・業種により廃棄物の量、悪臭など予測・分析を行う
    矢印 十分な保管容量の確保(騒音や悪臭に配慮した施設の確保)
  • 大規模小売店舗立地法

その他

    • 街並みづくり、景観に対する配慮

    • 照明等に対する配慮 等
  • 大規模小売店舗立地法

大規模小売店舗立地法ならこの人におまかせサンキョウ-エンビックスの
サポートの流れ

当社では、プランニング、事前協議から、予測・分析、届出書類提出まで、トータルサポート致します。

大規模小売店舗立地法の流れ 大規模小売店舗立地法の流れ

大規模小売店舗届出サポートの実績

H12以降の実績 165件(H19指針改正後 新設46件、変更49件の計95件)※H28年末現在