PCB廃棄物の処分はどこで出来るの?


PCB廃棄物は①高濃度PCB廃棄物と②低濃度PCB廃棄物に分けられ、処分できる機関が異なります。
高濃度PCB廃棄物、低濃度PCB廃棄物の区別と処分先は次の通りです。
 ①高濃度PCB廃棄物
  定義:PCBを意図して使用した電気機器の廃棄物
  一般的にコンデンサはPCB濃度概ね100%
  一般的にトランスはPCB濃度概ね60%
  処分先:JESCO(日本環境安全事業(株))
      処分可能な期間はJESCOのみとなります。
 ②低濃度PCB廃棄物
  定義:微量PCB汚染廃電気機器等:非意図的にPCBが混入した廃棄物
     低濃度PCB含有廃棄物:PCB濃度が5,000mg/kg以下の廃棄物
  処分先:無害化処理認定施設(PCBに関する特別管理産業廃棄物処理の許可施設)
     環境省に認定された民間の処分機関となります。
    (下部のリンク先に一覧が表示されております)

キュービクルがあるんだけど、PCBの検査はどうしたら良いのでしょうか?(弊社HP内)
PCBについて詳しくはこちら(弊社HP内)
郵送による分析のご案内はこちら(弊社HP内)

(外部リンク)
廃棄物処理法に基づく無害化処理認定施設はこちら(環境省)