デシベルって何?


デシベルとは、騒音レベルや振動レベルの単位に用いられる対数尺度です。
対数尺度は電話の発明者であるベルにちなんで名付けられた単位で、電話における電力の電送減衰を表すために用いた変化の範囲が極めて大きい場合に用いられます。
デシは1/10を意味する接頭語であり、デシベル(dB)はベル(B)の10分の1ということになります。
可聴音の周波数帯域は20Hz~20kHzで、音圧の範囲は20μPa~20Paと最も小さい音と最も大きい音の音圧の比は10の6乗にも及ぶことから、対数尺度が使われます。
(2014年8月改訂)
振動測定のご依頼は弊社まで。