「クリーンエネルギー」って何?


「クリーンエネルギー」「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」「新エネルギー」「グリーン電力」は、同義語のように使われていますが、実際は視点と含まれるものが少しずつ異なります。
「自然エネルギー」は、自然の力から生まれるエネルギーで、太陽光エネルギーや風力エネルギー、水力エネルギー、バイオマスエネルギーなどのことです。
今のところ、人間にとって再生可能なエネルギーは「自然エネルギー」ばかりなので、「再生可能エネルギー」と「自然エネルギー」は、ほぼ同義語として扱われています。

「新エネルギー」は、政策的な用語で定義がはっきりしており、再生可能エネルギーのうち普及に支援が必要なものを示します。
「グリーン電力」は、「自然由来のエネルギーを使用して作られた電力」を示します。

「クリーンエネルギー」は、環境に対する汚染物質、例えば窒素酸化物(NOX)や、地球温暖化の原因物質の一つといわれる二酸化炭素(CO2)などを排出しなかったり、排出したとしても問題にならない程度に少なかったりするエネルギーを示し、「自然・再生可能エネルギー」や有害物質の少ない天然ガス、水素などを燃料にする「燃料電池」、一つのエネルギー源から、二つのエネルギーを生み出す「コージェネレーション」など、エネルギー変換効率が良く、環境に優しいエネルギーも含まれます。