ライン川化学汚染防止条約って何?


ライン川化学汚染防止条約とは、1976年に作成された条約でドイツ連邦共和国政府、フランス共和国政府、ルクセンブルク大公国政府、オランダ王国政府、スイス連邦政府およびヨーロッパ経済共同体(当時)が締約国です。
ライン川の化学汚染が同河川の動植物相に対して脅威を与え、また海水に対して望ましくない影響をもたらす事情に鑑み、有害な物質の排出を段階的に削減することにより除去したり、規制したりすることを狙いとしています。
発効されたのは1979年です。